cloud cloud cloud cloud cloud cloud cloud

Touch!

     【うずらの卵】
胃をいたわり、五臓すべての気を補ってくれる。
    【じゃがいも】
無気力感や疲れやすいときに。特に便秘にオススメ。
      【かぼちゃ】
弱った胃腸にやさしく、カラダの中を温めてくれる効果も。

気虚(ききょ)について】

気虚とは気が虚する(少ない)と書きますが、 正しくは気の動かし方が少ない状態のこと。 気は体内をめぐり、運搬するポンプのような働きをするものなので、気の量が不足すると栄養素がカラダ全体に行き渡りにくくなります。その栄養素には血液や体液も含まれるので、気虚がすすむと血虚になっていきます。 結果、活力が低下し無気力といわれる症状が起こってきます。カゼをひきやすい、すぐ疲れる、カラダが冷えるなどが代表的な気虚の症状です。また、一時的に心に大きなストレスがかかり、気力を消耗してもなりやすいです。

--関連する臓器--

脾、肺、胃腸。それにともなう心、腎など

特に脾の気は食べ物の栄養素を運ぶため、
不調になると消化不良になりやすい

--自分でできる改善策--

  • ◆ヨガや気功の呼吸法で気をふやす

  • ◆森林浴、海岸での砂浴で自然界の気を体内
      に取り入れる

  • ◆心が疲れて不安定なら、家族や友人と話す

  • ◆カラダを冷やさないようにする

  • ◆体力が落ちているので、過労をさけて充分
      な睡眠を

  • ◆胃腸の働きがにぶるため、腹八分目に

  • ◆お惣菜で手軽にすませるのではなく、
      手のかけた食事をとる

【気虚の薬膳レシピとは】

平性のものから体を温めるものを中心に気を補うもの、消化を助けるもの、脾によいもの、発酵食品をレシピに取り入れていきます。

♥食材選びのポイント

丹念に育てられた野菜、太陽の気をたっぷり受けた天日干しの乾物、良質のたんぱく質(豆類、脂の少ない肉類)も積極的に。

♥注意すること

下痢しやすいので、生もの、唐辛子などの刺激が強いものは出来るだけさけるようにしましょう。